QLOOKアクセス解析
最近の記事

2011年01月30日

特攻の島 2巻

やっとやっとやっとやっとやーーーーーーーーーーっときました第2巻。

1巻から時を置くこと5年。もはや途中放棄されたのかと思って半ば諦めかけていたところ。

「わずか六十余年前、戦争は日常だった。」
大東亜戦争後期、窮地に陥った日本の戦局を打破するために開発された「人間魚雷、回天」
この2巻では、ついにその開発者の一人だった仁科中尉を含む第一陣、菊水隊が出撃となる。
神風特攻隊による体当たり攻撃開始から遅れはしたものの、「一度出撃したら生還を期せない」このただ魚雷を改造しただけの人間魚雷に、当時の10代の若者たちを載せて・・・

一度目の菊水隊、出撃に当たっての仁科の決意・行動・言葉も重いが、注目すべきはその後の軍の動向と、第二陣、金剛隊への出撃命令。ここにいたり、当時の日本軍の愚かしいとも言える強硬姿勢がなんともいえす歯がゆく、苦しい。
泊地襲撃を目的とした菊水隊、予定された12機の回天のうち、「出撃できた」ものはわずか5機。
そして戰果は潜水艦の危険回避のため目指することかなわず、爆撃音の確認のみ。
これにより、菊水隊の戰果は「5機出撃、全て命中」とされ、中央からの期待は大きくなり、回天隊は大幅に増強される。

しかし第2陣、金剛隊出撃に際し下された命令は、「第一陣と同じく泊地襲撃」。
開発者であり、第一陣にて散った仁科の言葉とも反する命令だ。回天の存在は第一陣の攻撃により敵の知るところとなり、泊地は厳重に警戒されることになろうことは容易に予想できたはずなのに・・・
命令を下された第2陣の隊員たちの葛藤。「死ぬのは怖くないが犬死は勘弁してくれ」「死ぬ意味をくれ」

戰時の日本の価値観、狂気的な強硬策、絶対服従の理不尽な命令と従わざるを得ない若者たちの葛藤、「非国民」という差別。

まるでリアルな映画を見たかのような印象を受けた。衝撃はかなり強い。
しかし、裏を返せば、現代日本にも形を変えてこのような考え、弾圧、危険な思い込み・・・共通するものは多く残っているようにも感じる。
リアルに戦争を知りたい方には非常におすすめ。

読み終わってよくよく考えると、俺が個人的に抱いた印象としては映画「硫黄島からの手紙」と非常に似たものだったように感じる。あの映画になにか感じるものがあった方も読んでみるといいかもしれない。
あぁ、まだ未完です。はい。 Amazonコミック新刊情報
【特攻の島 佐藤秀峰の最新記事】
posted by tmin at 21:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 特攻の島 佐藤秀峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

2011年01月19日

デビルマン 永井豪

今更読みました。全巻。

いや、小学校か中学校の時に一度読んだことはあったんですが。
TV版と違って、ひじょーーーーーーーーーーーーーーーーーーに重い!!そして暗い。
実際、古い作品なので描写自体が非常に古臭くて、リアリティがあまり感じられなかったりして、ちょっととっつきづらい印象は拭えない。
が!!それを補って余りある後半の怒濤の人間の「陰」の部分、「狂気」、そして人間とはなにか?という疑問、これらの描写が暴力的なまでに(というか実際暴力的なのだが)書き殴られている、その迫力に気圧されそうな感じを受ける。

不動明がデーモンの勇者アモンと融合し、デビルマンになり、人間を守るため、復活してくるデーモンたちと闘う、ここまで見れば普通のヒーロー物のようでもあるが、このデーモンとの融合の過程から、すでに人間の「理性と本能」の描写、生物としての意義など、多々えげつないシーンはある。

しかし、本番は後半、と俺は見る。
デーモンの存在を知った人間が、疑惑と狂気に駆られ、「魔女狩り」に走る危険と狂気。
デーモンと不完全に融合し、人間の心を残したデビルマンたち。
そして、狂に入った人間たちに親しい人間を殺されたときの不動明の「おまえたちは人間の姿のまま悪魔になったんだ」というセリフ。
その後の不動明の葛藤・絶望、そしてさらなる葛藤の上での愛憎。
人間の内面を深くえぐり出す暴力的な作品。

いや、マジで美樹の家襲撃されたときの描写とか、人間の影の部分をすごく全面に、恐ろしく描ききってると思う。
このへん幽★遊★白書の「霊界テープ黒の章」も真っ青なくらいに。仙水の見た人間の陰の部分も真っ青・・・いや、そこまではいかないか。
今改めて読むと、例えば「寄生獣」においてミギーと「混じった」あとのシンイチや、パラサイトでありながら自らの子供を最終的には守って死んだ田村 玲子、殺人を重ねたがゆえに人間が見分けられるという殺人鬼浦上などの描写で「人間」の定義に踏み込んだ寄生獣とか、銃夢において脳があるなし、体が機械か否かで行われる差別とか、色々思い出す。
後世への影響力は大きくあったんだろうな。いや、寄生獣や銃夢が実際に影響されてるのかはしらんけど。

ありきたりな80年代後半から90年代の「正義のヒーロー」に飽き飽きした人にはかなりおすすめ。今でも。
Amazonコミック新刊情報
posted by tmin at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | デビルマン 永井豪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

これはよくできてる。TVCMで流せばいいのに「総統閣下は青少年健全育成条例改正における違憲行為にお怒りのようです」





これはよくできてるww

☆表現規制について少しだけ考えてみる(仮)
 
東京都の職員によるPTAの説得は違憲行為! http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1328.html
 ☆カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記
 
都職員による、違法違憲行為報道
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20101216

うーん。条例自体の違憲性にばかり気を取られていて、制定過程の違憲可能性は全く考えてなかった。
まだまだだなー俺。。。

ま、文言通りに解釈すれば「自然人」を対象とした刑罰「法規」をフィクションのキャラに適用することは不可能だし、仮に適用しようとしても結局立証できないから、実際に規制が及びそうなときはこの点主張すれば普通に勝てそうな気もするけど。

こっちは漫画の感想基本なので、こ難しいことはこのへんまでで。
ま、どうであれ基本的に反対ですけどね!!
Amazonコミック新刊情報
posted by tmin at 20:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。