QLOOKアクセス解析
最近の記事

2010年03月22日

漫画が危ない!?東京都の青少年健全育成条例改正案

漫画が危ない。
詳しい条文全体については【表現規制反対!】東京都青少年の健全な育成に関する条例の改正案【問題多すぎ!】 弁護士山口貴士大いに語るを見ていただければ。
なお、この案は継続審議が決まり、とりあえず3/19の可決は免れた。

ちなみに俺は児童ポルノ規制に反対なわけでも、一部漫画の規制に反対なわけでもない。
確かに、一部かなり危険なものがあるのは知っている。これらに関しては、何らかの対処が必要かもしれないが、ほぼゾーニングで解決できる。規制が必要なほどのものはごく一部であり、それは「公然と普通にコンビニや本屋に並んで」はいない、と思っている。

この条文自体、全体的に問題多すぎなのだが、直接関わってくるのは話題になってた「非実在青少年」の項目。
早すぎる審議期間、案を出すのに協力してる人々など、背景的にも疑いたくなることはたくさんあるのだが、そこまでやってるとぶっちゃけわけがわからなくなってくるので、問題となる条項のみ考えてみよう。

第七条中「青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがある」を「次の各号のいずれかに該当する」に改め、同条に次の各号を加える。
 一 青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの
 二 年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの(以下「非実在青少年」という。)を相手方とする又は非実在青少年による性交類似行為に係る非実在青少年の姿態を視覚により認識することができる方法でみだりに性的対象として肯定的に描写することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を阻害し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの

 第八条第一項中第三号を第四号とし、第二号を第三号とし、第一号の次に次の一号を加える。
 二 販売され、若しくは頒布され、又は閲覧若しくは観覧に供されている図書類又は映画等で、その内容が、第七条第二号に該当するもののうち、強姦等著しく社会規範に反する行為を肯定的に描写したもので、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を著しく阻害するものとして、東京都規則で定める基準に該当し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあると認められるもの

 第九条第一項中「前条第一項第一号」の下に「又は第二号」を加える。

 第九条の二第一項中「第八条第一項第一号の東京都規則で定める基準に照らし、青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあると認める」を「次の各号に掲げる基準に照らし、それぞれ当該各号に定める」に改め、同項に次の各号を加える。
 一 第八条第一項第一号の東京都規則で定める基準 青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの
 二 第八条第一項第二号の東京都規則で定める基準 非実在青少年を相手方とする又は非実在青少年による性交又は性交類似行為に係る非実在青少年の姿態を視覚により認識することができる方法でみだりに性的対象として肯定的に描写することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を阻害し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの


これが該当部分で、特に問題となる「非実在青少年」に関するのが太字の部分。

さて、この案について初めて知ったとき、おれはぶっちゃけ二次エロのかなり悪質なの(特に小学生題材とか、強姦を題材とかにして、しかも18禁でもないもの)が対象なのだと思っていて、大して気にしてなかったが、断じて違う。
これがそのまま通ったならば、まず間違いなくRookies、寄生獣、ろくでなしBLUESは発禁になる。桂正和の作品はたぶん全て。高橋ツトムの作品もほとんどダメ。無限の住人も危ない。GTO、シバトラ、サイコメトラーEIJIもかなり危険。
解釈次第で、金色のガッシュ、るろうに剣心、ONE PIECEすら引っかかりかねない。

何がおかしいか?
年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写

「その他の人の年齢を想起させる」
ここがあいまい。つまり、「誰かがそのキャラを18歳未満と認識することがあれば」規制対象になりうるわけだ。
「非実在青少年による性交類似行為に係る非実在青少年の姿態」
性交類似行為とはどこまでか?一部ではキスもダメ、という噂が流れているくらいだ。
確かに都職員が言うように、現在での定義はある程度確立されているが、それはあくまでも「現在の時代の解釈」である。よって、今後どうにでも変わるものだ。
もし、キスもダメ、抱擁もダメ、という判決が全く違う事件でなされたならば、ここはいくらでも解釈が変わってくる。
「視覚により認識することができる」
認識するのは誰か?もちろん都職員もしくは都知事である。
現在の職員が解釈について、「恣意的な運用は不可能」と言ったらしいが、そんなことは絶対にない。
時によって、都職員も知事も変わる。今の職員がどんなに釈明したところで、この条文ならば別の人間が別の解釈で運用することは限りなく可能だ。
さらに「健全な判断能力の形成を阻害し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの」
健全の定義はどこか?何が健全なのか?青少年とは18歳未満である。女性ならば16歳で結婚も可能であるのに、「性交または類似行為」を知らないことが健全なのか?
確かに小学校低学年以下にはあてはまるかもしれない。しかし、「青少年」とひとくくりにして全てをまとめて考えるのは危険すぎる。年齢に応じた教育こそが「健全」じゃないのか?
さらにだ。「おそれがある」なんて誰に判断できるのか?少なくとも科学的、合理的には証明できない。これは「可能性」があれば「おそれ」がある、ということになるからだ。
さらに「みだりに」という表現。
これは法解釈としては、「正当な理由なく」ということ。
漫画の一コマに「正当な理由」がなきゃいけないのか?そんな作品つまらないだろ。遊びが全くなくなるぞ。

さて、ここまで考えた上で、一部作品について考えてみよう。
・Rookies
第一話で安仁屋が部室のソファで女生徒を抱いているシーンがある。
完全にアウトだ。
18歳未満の性交を描写している。ゆえにこれは絶対に有害図書指定になる。
寄生獣、ろくでなしBLUESも全く同じ理由でダメ。

・GTO
ここに登場する生徒は中学生。
例えば麗美が自殺未遂後、鬼塚が助け、救急車の中で裸で暖めていたあのシーン。かなり危険だ。
麗美が寝ている鬼塚に胸をもませたが、これは「類似行為」に当てはまると思われる。

・シバトラ
最初のエピソードで、虐待を受けていた美月が服を脱いで柴田に抱きつくシーン、アレがすでにやばい。
さらにメイド喫茶編では小学生の八木由梨亜が性的虐待の被害者になりそうになり、それから逃れるために人を殺してしまう。これは「残虐性を助長させる」と捉えられかねない。
さらに同じメイド喫茶編では、エンジェルこと美香絵は高校生であるにもかかわらず援助交際を行っている。このシーンもアウト。
覚せい剤編では町田リカが義理の父から性的虐待を受けていたシーンもある。これもダメになる。
というか、少年犯罪に深く踏み込んだ作品だから仕方なくないか?
これ全部「描くな」ってなったら、こういうこと題材とした深い作品は抹消されるぞ?

・金色のガッシュ
これは解釈次第だが、モモンがティオのスカートめくったあのシーンは危険。
見かけは児童。そして「性交類似行為」を拡大解釈して、「性的に反社会的な行動全般」とした場合だが。
さらにいうと、児童ポルノの問題とこの条例は密接に結びついている。
するとだ。将来的にさらに拡大解釈されると、「ガッシュの裸で歩き回る行為」自体が引っかかる可能性も否めないわけだ。
しかしだ。ガッシュ見て犯罪者になるやつがいるならば、むしろ見てみたい。
あの感動超大作が引っかかる可能性があるってどうよ?

・るろうに剣心
これも拡大解釈すると当てはまる。
「十字傷の追憶」。あの当時剣心は15。当時はもう元服後だ。
しかし、これは今の条例では「青少年」に当てはまる。
すると、この年齢で「人斬り」として働いていた頃のあのシーンは、全て「青少年の描写によって」「残虐性を助長する」と捉えることができる。
当時は合法(?)だったにも関わらず、だ。
ここではさらに遡及法の問題も絡んでくるとは思うが、下手をすれば時代物は描けなくなる。

・ONE PIECE
どこが危険か?とお思いだろう。
確かナミの設定は18だったと記憶してるが(後で確認しときます)、彼女が17か18か、誰に証明できる?
するとだ。アラバスタの大浴場における「幸せパンチ!一人10万ね」これは悪意ある解釈をすれば、売買春類似行為と見ることもできる。「裸を見せて、対価として金銭を得る」これは条例に引っかかるよね。

ざっと上げただけでも、これだけのことが危険にさらされる可能性がある。
どれもこれも普通に「良作」なはずだ。(好みにもよるだろうが)
これらの描写が規制される可能性がある条例、問題ないといえる?
少なくとも、このあいまいな部分をなくし、拡大解釈が入り込む余地がないところまで条文を練るべきなのに、なぜあんなに拙速に進めようとしていたのかが全く理解できない。(2・24に上がって、3.19に可決しようとしていた。)

「表現の弾圧ではない」 東京都が青少年健全育成条例改正案を説明
なるほど、これを見る限り方向性としては間違っていない。
しかし、結局今後規制を行うのはこの職員に限らない。だからこそ、法律の条文はきっちり吟味しなきゃいけないし、そうした上でも解釈論によって幅ができるものなのだ。
少なくとも、この条文のままで通すことを許してはならない。
現存の漫画、アニメの大半が規制対象になりかねないからだ。そんな日本を誰が望むのか?
最後に、非常に冷静に分析している記事のリンク。
緊急!東京都が児童ポルノ規制の美名の下、思想統制への道を開こうとしている
このとおり、俺は今、この案に賛成している方たちの大半が、本当に子供たちのことを心配している、という現状がなんだかやるせない。 Amazonコミック新刊情報
posted by tmin at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144300007

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。