QLOOKアクセス解析
最近の記事

2011年01月02日

涼宮ハルヒの消失 DVD 見ましたよ

超長期にわたって放置してて普通に更新を再開するなど。
しかも漫画じゃなくてアニメだったりなど。
 

ちと最新には乗り遅れた感がありますが、DVDで見ました。いや、これ、映画館いこうかどうか迷ってたんだけどね。
結果は・・・満足☆
基本的には原作小説に非常に忠実な出来で、映像、演出ともにかなりいい感じ。
あえて難を言うならば、ラスト、長門とキョンの病院での会話のシーン。これ、シンプル故にグッとくるものがあった小説版に比べて、ちょっとオリジナル演出が多すぎ、凝り過ぎで違和感があったけど。
ほんとは屋上じゃなくて病室だったしね。たぶん、ロマンチックな演出で盛り上げたかったんだろうけど、ちょっとくどいかな?と俺は感じた。
ここ以外はほとんど原作に忠実なまま、それを綺麗に映像化できた感じでよかったですよ。
キョンの独り言か会話のセリフかよく分からないとこも、そのままちゃんと再現されているのは、まるで第一期のアニメのよう。

個人的には小説版からこの「消失」は大のお気に入りだったので、下手な映画化されてたらブチギレるとこだったかもww
でも、アニメ第二期のエンドレスエイトのgdgd感を吹き飛ばしてなおあまりある一作に仕上がってたんじゃないかな、と。

ストーリーはアニメの終了直後の時系列。
年末、クリスマスパーティの計画を立てるSOS団。
しかし、その数日後、世界はキョン一人をそのままに大きく変わってしまう。
北高にはハルヒも小泉もいなくなり、朝比奈さんはキョンを知らない。長門はただの内気な文芸部員になっている。
クラスの誰もハルヒを知らない。
そして元々のハルヒの席には、キョンを消そうとして消えたはずの朝倉涼子が。
何が起っているのか分からないまま、混乱するキョン。
そして、何が起こったのか、手懸かりを探して動き出す。

ってな感じ。
後半は結構感動できる。もちろん原作の小説版もね。
ただ、アニメ第一期すら見てない方にはちと楽しむのは難しいかも。第二期は・・・笹の葉は見といたほうがより楽しめると思うけど、まぁ他はいいんじゃないか?一部「退屈」知ってないとわからない部分もなくはないけど、ストーリー全体像としては大した問題じゃない。
一期のファンだった方にはフツーにおすすめできる作品だと思いますよー。

小説版  Amazonコミック新刊情報
【涼宮ハルヒの憂鬱 ツガノ ガク/谷川 流の最新記事】


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178032150

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。