QLOOKアクセス解析
最近の記事

2011年01月02日

STRONG WORLDも見ましたよ

えぇ、こちらもレンタル開始直後に見たんですがね。
TV放映してから記事にしてどうする、というツッコミが聞えてきそう・・・?

 

これはね、映画館に行かなかったのを後悔した。
まぁ、内容としてはスリラーバーグ編のあとに入るのかな?
ぶっちゃけ、ONE PIECEはアニメも今までの映画もほとんど見てないんだけど、これは別。
なぜかって?そりゃ尾田っち直々に総指揮ですから!!
尾田っちのONE PIECEが見たいのよ。
TVアニメのあのスピード感の無さとか、もう我慢できるレベルじゃないw

というわけでこれには期待してましたが、しっかり応えてくれてるね。
さすが尾田っちのONE PIECEはひと味も二味も違います。

内容の方は、素直にアクションものとして楽しむのが良い内容。残念、感動超大作ではないかな。
20年の時を経て動き出した、ロジャーの時代の伝説の海賊、金獅子シキ。
あれっすね。原作でちらっと出てきた、インペルダウンから脱獄した唯一の海賊、空飛ぶ海賊金獅子ですね。
さらわれたナミを助けるため、そして故郷のイーストブルーを守るため、戦いに赴く麦わらの一味。
そこに立ちはだかるのは想像を超えるような凶暴な猛獣たち。それは金獅子シキが20年の潜伏期間の研究の結果生み出したものだった。
ってな感じ。

エピソード0は見ておいたほうがいいかも。これ、ジャンプで載ったけど、今出回ってるのかな?
導入部分、センゴクとガープの目の前で海軍本部に吹っ飛んでくる数々の軍鑑から、ずっと「勢い」を保ったまま最後までもってくのは「さすが尾田っち」と言わざるを得ない。
「泣ける」作品じゃないけど、ここまでテンションとスピード感を保ったまま進める映画はそう多くないだろうと思う。
そしてクライマックス、シキのアジトに乗り込む一味のシーンにはもう鳥肌もの。StrongWorld.jpg


ただ・・・原作のみのファンとしては声の違和感がなくもないけどw
ま、こちらは原作ファンにもしっかり見ごたえあるものに仕上がってると思いますよ。
 

前評判は伊達じゃなかったね!! Amazonコミック新刊情報
posted by tmin at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ONE PIECE 尾田栄一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178033944

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。