QLOOKアクセス解析
最近の記事

2009年02月11日

ちょびっツ CLAMP

CLAMPの独特の柔らかい絵柄で描かれている。人型パソコン「ちぃ」と本須和秀樹が互いに魅かれていくストーリー。恋愛ものでSFもの。

この世界ではPCは人型で普及している。
予備校生・本諏和秀樹はある日道端に捨てられていた人型パソコンを拾う。パソコン音痴の秀樹だが、なんとか起動スイッチを探し、そのパソコンは起動するが、彼女は記憶喪失(?)。何を尋ねても「ちぃ」としか答えないので秀樹は「ちぃ」と名付ける。

タイトルのChobitsとはプログラムではなく感情で動くことができるというこの世界での都市伝説的なパソコン。ちぃにはOSが入っておらず、ゆえに秀樹がスイッチを入れる時点より以前の記憶はなくなっている。しかし彼女は秀樹との生活の中で徐々に様々なことを覚え、ときに「感情」らしきものを表し、自ら考えて行動するように見える。はたしてこれは何らかの「プログラム」に応じた行動なのか、それとも本物の「感情」なのか?そして「ちぃ」は「Chobits」なのか?なぞを抱えたまま、二人の生活は進み、そして互いに魅かれあっていく。

「萌え」的要素をふんだんに入れながらも、実は描かれている内容は非常に深いと思う。パソコンと恋をし、結婚した登場人物もいる。忘れられない人をモデルに同じように行動する「プログラム」を組んでそのパソコンを近くに置く登場人物もいる。それらは結果として非常に哀しいものとなってしまい、そのことを知っていくがゆえに秀樹もちぃも迷いを覚える。
ちぃにはその生い立ちに隠された意味と過去があり、それは物語後半で徐々に明らかになっていく。感情移入して読むとかなり切なくなるストーリーで、巷に溢れる普通の恋愛ものよりよほど読む意義のある作品だと思う。「感情」とか「好きになるということ」の意味を考えさせられる良作。
アニメ化もされていてわりと原作に忠実(だったと思うw)

勝手に評価
笑える     ★★★☆☆
泣ける     ★★★★☆
ためになる  ★★★★☆
鬱になる  ★☆☆☆☆
考えさせられる ★★★★☆
インパクト  ★★★★★

アニメOP。この曲好きだったw

http://www.youtube.com/watch?v=dmYq8uZpGDY


Amazonコミック新刊情報
posted by tmin at 05:21 | Comment(0) | ちょびっツ CLAMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。