QLOOKアクセス解析
最近の記事

2009年02月22日

るろうに剣心 和月伸宏

和月伸宏の出世作となった作品で、個人的には和月の最高傑作だと思う。大ヒットしたしアニメ化もされた。
るろうに(流浪人)というのは造語。

舞台は明治。主人公は緋村剣心。基本的にはバトルもの。
ひょんなことから神谷薫と出会い、神谷活心流道場を助け、居候となる。
が、剣心には幕末期「人斬り抜刀斎」として生きた過去があり、その過去を償うため、「不殺」の誓いを「逆刃刀」に込め、旅を続けていたのだった。
本人の思いに反して過去の因縁が付いて回り、その中で剣心は抜刀斎に立ち戻りそうになりながらも、新たな出会いや周囲の登場人物たちに支えられながら新たな生き方を模索していく。

フィクションだが幕末から明治にかけての実際の歴史上の登場人物も多く、実際の歴史を踏まえている。
剣心の過去と現在の対比と、過去との戦いが多く描かれる部分がこの作品をただのバトルもので終わらせなかった大きな要因だと思う。
実際、基本的には痛快なバトルものの路線であるものの、登場人物たちの過去に触れる部分は非常に暗いタッチで描かれているところが多く、彼らの自分なりの戦いという視点でこの作品を読むと大人でも十二分に楽しめる内容になっていると感じる。

個人的に好きだったエピソードは元赤報隊・相楽左之助登場の斬左編と剣心の過去との戦いとなる追憶編・人誅編だった。
そして個人的に強く惹かれたキャラは斎藤一。時代が移り変わり、周囲の人々も変わっていく中、生き方を全く変えずに貫いていく姿は非常にカッコよかった。

アニメは最後の方以外は原作に忠実だった。

勝手に評価
笑える     ★★★★☆
泣ける     ★★★★☆
ためになる  ★★★★☆
鬱になる  ★★☆☆☆
考えさせられる ★★★★☆
インパクト  ★★★★☆

アニメOP集

http://www.youtube.com/watch?v=8-zCKo8t_yg



Amazonコミック新刊情報
posted by tmin at 06:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | るろうに剣心 和月伸宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。