QLOOKアクセス解析
最近の記事

2010年06月26日

最近買ったの。

特に最近発掘してないんだ。ごめんね☆
というわけで最近買った新刊など。あと適当にgdgdと。
ONE PIECE58巻。
そら買うわな。買わないかんわな。
怪物作、前人未到の記録更新しつづけてます。そして、その価値はある!!
頂上決戦、白ひげが刺されたところで終わった57巻から、「今回は心臓一つ、人間一人」から「この時代の名を”白ひげ”と呼ぶ」までの11話。
ちょっと気になったのが、「’The Times They Are A-Changin’ー時代は変わるー」になってたけど、これ、ジャンプに載ったとき副題あったかなー?
で、まぁ、読んでれば分かるんだけど、SBSで「この戦争は説明省いてテンポ重視でガンガン勧めてますからね」なんて明かされてますね。確かに、インペルダウン編以降のこのテンポはジャンプ連載作としては異常なほど。しかし、これでこそのONE PIECE。特に今は、ふとすれば重くなってしまう内容な上に、メインの麦わらの一味が出てない状態。このテンポ重視はいいと思いますね。すごく。
これは読むべき漫画のひとつ。俺が学生時代に始まったこの漫画、今、社会人になって色々経験したとき、改めて感じるものが大きい。
あ、そういえば本編はルフィ、エースの少年時代の回想編に入りましたが、今まで「回想」は本編のクライマックスの直前に入ってたよね?パターン的に。
と、いうことは・・・!?このパターンを崩したのか、それともここからもう一山あるのか!!?

なにとも12巻。
うーむ。リアルっすねー。
大阪環状族のアレね。
SPARKY x HASH抗争にサメケン率いるプレストも参戦。
し・か・し。ナニワトモアレの頃の方がおもろかった気がするんだよ。俺としては。
いや、シリアスはシリアスでいいんだけどね。前はこう、「くっだらねーwwwwwww」ってのが多かったじゃんね。トモとか、ヨネとか。メルセデス・アルトとか。デビルレター・ゲームとかさ。
漫才みたいなやりとりとかさ。
そういう要素が減っちゃったのが残念っちゃあ残念。
ま、環状一年生たちがそれなりにそういう役目を担ってるんだけどさ。もうちょい行ってくれてもいいよねー。
これは暴走族の漫画なので、健全な青少年にはオススメしませんww

SIDOH21巻。
いやこれ、初期はどうなることかと思ってたんだけど、いいよ。いい。
当初は主人公の雪村兄弟がふらふらしてて、どこに向かおうとしてるのかよーわからんかったので、なんか全体的に軸が弱い感じしてたんだけど。会津に行ってからは別。
「おまえらは根無し草だな」って勝海舟に言われて、会津に行き、やっと「故郷」を得られた二人の生きざま。
幕末動乱期にあって、幕府側筆頭の会津藩の立場として、いかに「士道」を全うするか。
これまた現代読むべきもの、かと思うのよね。
21巻は敵方西郷と協力して瑠儀を討つため、白心に乗り込むとこから、改めて敵方西郷との戊辰戦争に臨むまで。
白心に乗り込んだ時のリャンキナーの死に様は心を打つ。
そして、瑠儀を討つためのみに手を組んだ本来敵方の西郷と一線を画す雪村兄弟の行動、心の動き。
やっぱ高橋ツトムいいわぁ。爆音列島だけ読んでない(読む気にならない?)けど。

銃夢 Last Order 15巻。
ついに始める因縁の、そして「因果の大竜巻」ZOTT決勝戦!!
ガリィvs刀耳、ゼクスvs絶火、ザジvs羅姦、3つの戦い同時展開。
今回の見所は・・・個人的には「ゼクスかっけええええええええええええええええ!!」ですねw
まぁ、この作品については多言を要しないだろうw
ま、怪しい理論はそっこら中にあるんだけど、この巻ではノヴァ教授の登場がなかったのが残念っちゃあ残念。

さって、そろそろ漫画喫茶通い&ブックオフ物色を再開せねばw Amazonコミック新刊情報
posted by tmin at 05:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。